全ての清掃をお任せ

コールセンターの笑顔の女性

知っておきたい知識と工夫

現在の日本国内においては、自殺者や孤独死を合わせると、年間で数万人という単位の数字が毎年発表されています。自殺や孤独死の中でも、発見が遅れた場合は遺体の腐敗が進み、通常の整理や清掃での処理が不可能となってきます。このようなケースでは、特殊清掃業者に依頼して処理が行われています。特殊清掃の業務内容は、腐敗が原因となっている、汚れや臭気、遺品整理などを含め、原状回復が行われるまでの、ほぼ全ての作業を担っています。特殊清掃は、通常の清掃業者には無い、知識・技能・道具によって処理が行われますので、依頼時の費用は高額となるケースが多くなっています。そのため、費用を巡ってのトラブルも考えられます。利用する側も、インターネットなどで実例を参考にして、予備知識や比較材料を用意すると、交渉においてのメリットが生まれます。

特殊清掃の取り組みとは

昨今、日本国内では孤独死による問題が増えてきています。そのため、発見が遅れることが多く、腐乱した遺体を原因とする被害が増え続けています。このような被害の処理については、高度の専門知識や技術のほかにも、腐乱により変わり果てた人の死を目の当たりにする、という精神的なダメージも関わってきます。これは、職業としての特殊清掃を選択することが少なく、依頼件数の増加に対して、業者数はあまり増加しないというのが現状です。そこで、一般社団法人による、事件現場特殊清掃士の資格認定と通信講座での養成が取り組まれています。この講座では、特殊清掃業の正しい知識と技術をもった新たな起業と、適正価格によるサービスの提供で、業者数を増やしつつ、今まで以上の健全化が取り組まれています。