寂しさを紛らわす

掃除道具一式

ゴミ屋敷に住む住人の特徴

ゴミ屋敷の原因で多いのが捨てれない、片付け方がわからない、寂しいなどである。物を捨てれない病気もあり特に年配の方に多いと言われているのである。問題は周りの住民はゴミ屋敷からの異臭などで困っていても、ゴミ屋敷の住人は困っていないことである。困ってない人を病気だからといって病院に言ってもらうことは困難である。まず最初にやることは近くの市区町村の福祉課もしくは保健師に相談することである。ゴミ屋敷の住人は1人暮らしの方がほとんどで頑固者が多いので地域の福祉課の方が訪れても、喧嘩になることが多く解決までに時間が掛かるケースが多いのである。また住民と接する機会がないので引きこもりになり寂しさを無くす為にゴミを集める方もいるのである。

業者依頼と片付け方法について

ゴミ屋敷の片付けを行なうのは非常に大変で病気になることもある。そんな時に役に立つのがゴミ屋敷清掃業者である。会社によって金額、内容は異なるが大体1日で片付けが終わり消毒までしてくれる業者が多いので便利である。金額に関しては基本1部屋10000〜30000円前後、トラック1台20000円前後、作業員1人に対して10000〜20000円前後が相場となり一軒家の片付けを行なうとしたら役300000〜400000円前後掛かるである。業者を頼む際すぐに業者に手配すると作業後トラブルなど起きる場合があるので一度ゴミ屋敷を見て頂き何社か見積もりを出して頂くことがお勧めである。業者に頼んで綺麗にしたとしても問題はゴミ屋敷に住む住人によっては繰り返すことがあるので、心のケアも必要になるのである。