臭いや汚れ

掃除する笑顔の女性

特殊清掃サービスがたどってきた歴史について

昔から、1人暮らしの人が誰にも看取られずに1人きりで亡くなってしまい、死後かなり時間が経ってから発見されるというケースは存在していました。ただし、発生件数がそれほど多くなかったため、特殊清掃サービスの専門業者が必要になるほどではありませんでした。実際には、一般的なハウスクリーニング業者が、オプションメニューの1つとして特殊清掃業務を請け負っていました。しかし、2000年代に入った頃から、孤独死の発生件数が一挙に増加しました。時期を同じくしてゴミ屋敷問題も取り沙汰されるようになったのですが、特殊清掃サービスに対する需要が急増しました。そのため、この特殊清掃業務のみにサービス内容を特化した専門業者が登場してくるようになりました。

今後のサービスの動向について

今後は、今以上に特殊清掃サービスに対する需要が高まっていくだろうと考えられています。現在の日本は社会の高齢化が急速なスピードで進展しています。現在でも、1人暮らしのお年寄りが誰にも看取られることなくひっそりと亡くなっていく事件が発生していますが、今後はその発生件数がさらに増えるだろうと予想されています。一昔前までは、地域コミュニティによる見守り機能が働いていましたので、たとえ1人暮らしをしている高齢者がいたとしても、その死を誰にも気づいてもらえないようなことはまずありませんでした。しかし、現在ではほとんど近所付き合いをしない人が多くなったため、姿が見えなくなってしまったことさえ、誰にも気づいてもらえない可能性が高いです。今後この傾向がさらに強まっていくと考えられていますので、特殊清掃が必要になる場面も増加するだろうと予想されています。